現在地

生態学的関連種

CCSBTは、生態学的関連種作業部会(ERSWG)を設置しています。CCSBTは、ERSWGに対して、以下の調査に基づく情報及び助言を提示することを要求しています。

  • みなみまぐろ漁業における生態学的関連種(ERS)との相互作用の性質及び範囲を特定すること。
  • みなみまぐろ及びその他の漁業が生態学的関連種に与える影響を特定すること。
  • 生態学的関連種の捕獲を減少させるための最新の手法又は可能性のある手法について評価すること。

過去のERSWG会合の報告書はここから入手可能です。

また、ERSWGは、教育的活動として最善の実践活動に関する助言を行う役割を有しています。2003年以降、海鳥及びサメ類に関する普及啓発パンフレットが作成され、SBT漁業者に配布されました。 2011-13年において、これらのパンフレットは、技術的(主に種の分類)な観点から更新が行われました。