現在地

最新の資源評価

ミナミマグロ(SBT)に関する最新の資源評価の詳細(最新の漁業指標を含む)は、CCSBT第25回科学委員会会合報告書をご参照ください。

また、ミナミマグロの生物学、資源状況、管理に関する報告書は、以下のリンクをご参照ください。

次回の全面的なミナミマグロ資源評価は2023年に予定されています。

 

 最新の資源評価の概要

2020年の資源評価で得られた主要な資源状況統計は、いずれも前回評価時(2017年)に比べてより楽観的な結果となっており、当時の予測結果とも合致しています。資源の相対的な総再生産出力(TRO)は20%(80%信頼区間で16-24%)と推定されており、依然として最大持続生産量(MSY)と推定される生産水準を下回っています。初期産卵親魚資源量の13%(80%信頼区間で11-17%)との推定結果が示された2017年の資源評価以降、資源は改善しています。漁獲死亡率はMSYを与える水準を下回っています。感度試験の結果、資源状況に対する異常な、又は想定外の影響は何ら確認されませんでした(いずれの試験に対しても、相対的TROの中央値は19-20%となりました)。

現在の推定値のトレンドでは、資源水準が最低となった2009年以降、毎年約5 % の割合で資源の再建が進んできており、MPをベースとするSBTの再建計画は拡大委員会の目標達成に向けて順調に進んでいることを示唆しています。現行のTAC(2018-2020年のクオータブロックを対象)は、2011年に採択されたバリ管理方式による勧告にしたがって2016年に設定されました。

 

漁業指標の概要

2020年のESCによる漁業指標のレビューの結果、(i) 遺伝子標識放流による絶対的資源量の推定値はやや減少し、及び (ii) 曳縄調査指数(1歳魚ピストンライン指数)はいずれもゼロであった過去2年の推定値から増加するなど、加入量に関する様々な兆候が確認されました。

多くのメンバー(日本(コア船)及び韓国船団を含む)の年齢ベースはえ縄CPUE推定値では近年ある程度一環したポジティブなトレンドが見られていますが、全体的に、直近の推定値の多くでは直前の推定値とほぼ同じかやや減少となりました。ESCは、近縁遺伝子標識再捕による経験的指数が2010年から2014年にかけて増加したことに留意していましたが、2015年の指数はやや減少しました。

 

CCSBT管理方式の実施に関する年次レビュー

2020年のESC会合では、ケープタウン方式(CTP)が試験された範囲の外にある事象又は観測結果があるかどうか、及びこれがTAC設定に及ぼす影響についての評価を行いました。この評価では、(i) 全世界の勧告TACを計算するためにCTPで用いた全ての入力データ(遺伝子標識放流、CPUE、親子ペア及び半きょうだいペア)、(ii) 2020年資源評価で取り込んだ個体群動態及び生産力の推定値に関する変更、(iii) 2013年以降のインドネシアによる産卵場での漁獲物の小型魚へのサイズ分布のシフト、及び (iv) 漁獲死亡量(メンバー及び非メンバーに由来するもの)が管理方式により勧告TACを計算するために用いた値を上回っている可能性が網羅されました。例外的状況に関するメタルールレビューの結果として、ESCは、例外的状況を宣言する理由はなく、したがってCTPにより勧告されたTACを修正する必要はないとの結論に至りました。

CCSBT 26により採択されたCTPを適用した結果、2021-2023年の期間について勧告された各年のTACは17,647トンとなりました。例外的状況のレビューの結果に基づき、ESCは、2021-2023年のクオータブロックにおける各年のTACは17,647トンを維持すべきことを勧告しました。