現在地

最近のニュース

最近の注目すべき主な出来事です。

  • COVID-19パンデミックの影響により、2021年のCCSBT会合はすべてオンラインのバーチャル会合として開催されました。また、事務局スタッフは2021年の大部分の期間において遠隔で業務に従事しました。
  • 2022年のTACとして勧告された17,647トンが確認され、またCCSBTメンバーに対する国別配分量も確認されました。
  • 以下に関する決議、政策及び文書がアップデート又は改正されました。
  • 市場でのCDS標識番号の判読を支援するためのみなみまぐろへのCDS標識の装着方法に関する説明書をアップデートしました(MCSページの「漁獲証明制度」のセクションをご参照ください)。
  • ACAP、バードライフ・インターナショナル及びピュー慈善基金(ピュー)に対して遵守委員会会合における長期オブザーバーの地位が承認され、またピューに対して拡大委員会会合における長期オブザーバーの地位が承認されました。

 

報奨 - CCSBT標識放流計画

CCSBTに返却されるSBT標識ごとに、1つの報奨品が進呈されます。大多数のSBTには、2つの標識が装着されています。これらの標識ごとに1ずつ報奨品が進呈されますので、2本が装着されていた場合には両方とも返却してください。より詳細な情報を知りたい方は、tags@ccsbt.org までEメールをお願いします。